認定対象会社の要件

資産管理会社・・・有価証券・不動産・現金等の合計額が総資産の70%以上を占める会社及びこれらの運用収入の合計額が総収入額の75%以上を占める会社のこと。

事業継続要件

・相続税の申告期限後5年間、相続人(後継者)が代表者であること。・相続税の申告期限後5年間、雇用の8割以上を維持すること。・相続した対象株式を継続して保有すること。

見出し

見出し

早いうちから相続税の納税資金対策や財産評価引き下げ対策を講じることが、とても重要であるといえます。医療法人については、平成19年の制度改正により、出資持分のある医療法人は当分の間、その形態が維持されるものの、同年4月1日以降は新設できないこととなりました。したがって、解散時の残余財産は国等へ帰属することになります。以下は、ある医療法人の事業承継に関する話です。その医療法人の理事であり、医師でもあった妻は3年前に亡くなり、現在は(……続きを読む

見出し

会社経営者の相続の調査では、その会社の株式の移動に関連する調査がポイントとなります。株式移転を行うのであれば、相続人に、日頃から株主としての自覚を促すことが大切です。近年の相続調査は、多くの場合、被相続人と相続人の間の生前における財産移動について、その真否を問うことに眼目が置かれています。(……続きを読む

遺留分

出資持分

医療法人

資産評価

Copyright© 2014 事業をいかに承継するか All Rights Reserved.