会社は、男性に継がせるのがいいのでしょうか?

 

会社を継ぐのは、男性だけとは限りません。女性も後継者の選択肢に加えることをお勧めします。

後継者がいないので会社を清算したいという話を最近、耳にしました。具体的には、一度は長男が
会社を継いだものの、その後、挫折してしまい、既に引退していた社長が再度経営に戻りましたが、
後継者が見つからず、結局、会社を清算するということでした。 その会社の社長によると、会社を
清算するに当たって大変つらい決断だったのが、従業員を解雇することだったそうです。
会社は男が継ぐものであるという考え方は、近年、崩れてきているといえます。長男ではなく長女
に会社を継がせたいというケースや、実際に一人娘の長女に会社を継がせているケースが存在します。
社長となった一人娘によると、仕事は大変ですがやりがいがあり、女性経営者の集まりに参加するこ
と等により人間関係が広がったとのことです。
社長の娘に会社を継がせるケースをみると、社長がすぐに会社を退職するというわけではなく、自
身は代表権を持つ会長になり、娘を代表権を持つ社長にしている場合が多いようです。いきなり単独
で代表権を与えるには娘が社長としては未熟であったり、そうすることで従業員が反発したりする可
能性もあります。そして、近くで娘に社長としての教育ができるという点でも、社長が代表権を持つ
会長になるのは、とてもいいことだといえるでしょう。
近年では、女性が社会に進出する例が多く見られます。一般的に、男性は得意ではないきめ細やか
な対応ができることや、男性より肝が据わっているというようなことが影響しているのかもしれませ
ん。会社の後継者を決定しようと考えている社長には、男性のみならず、女性も後継者の選択肢に加
えてみることをお勧めします。

遺留分

出資持分

医療法人

資産評価

Copyright© 2014 事業をいかに承継するか All Rights Reserved.